入れないクレジットカード

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 任意整理の一番大きなデメリットだということ

任意整理の一番大きなデメリットだということ

債務整理をしていても生命保険を解約する必要がない場合があるのです。

 

任意整理を行っても生命保険を解約する必要はないのです。

 

注意しなくてはならないのは自己破産をすることになる時です。

 

自己破産をするとなると裁判所から生命保険をやめるように命じられる時があります。

 

借金がだんだん増えてしまった場合に、お金を借りている人は、弁護士を通してお金を貸している人と話し合って、月々にいくら支払い可能なのか、返済する額を調整します。

 

このような任意整理が行わますが、任意整理の際に、銀行預金が、凍結されることがあります。

 

銀行にお金が残っている場合は債権者に、返済金額の一部として取られてしまうので、そうなる前に引き出しておきましょう。

 

もし、任意整理をしたとしても、そんなにデメリットなどないと思われるかもしれませんが、実際はあることを知っていますか。

 

それは官報に掲載されてしまうことです。

 

つまり、他人に知られてしまう可能性があるということになります。

 

それが任意整理の一番大きなデメリットだということになるかもしれません。

http://www.villanovaelderlaw.com/