入れないクレジットカード

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > タイミングを考えることも必要

タイミングを考えることも必要

戸建てを売却するにあたっては、自分で買い手を見つけるのでなければ、依頼した不動産業者に手数料を払わなければいけません。

 

この手数料は、売買価格の3.24%に64800円を加えたものが上限額とあらかじめ法律で定められているため、売買価格にある程度見当がつくのならば仲介手数料もおおよその金額がわかります。

 

でも、不動産業者が直接買い取ることになった場合、仲介手数料を支払う必要はありません。

 

それに、所有権移転登記の際に発生する費用は普通は買主に請求されます。

 

近頃は積極的に申告する人が増えてきましたが、確定申告とは、一年間に生じた所得の金額に対して税額を算出し、申告する手続きです。

 

予定納税をしている人や会社員で源泉徴収されている人については、差額を算出し、精算することになります。

 

確定申告で所得とされるのは給与や配当以外に、住宅売却で得た利益も申告する義務があるのですが、購入後5年以内に売却した場合の税率は約40%にもなり、それ以降に売っても15%の所得税、5%の住民税がかかりますので、注意しなければいけません。

 

購入者は多額のお金を準備しなくてはなりませんが、一軒家を売るのには適した時期があります。

 

戸建てを探す人が最も増える時期と言うのは、年明けから3月までの人の動きがある時期です。

 

家族の都合や転勤などを命じられる人が出てくるため、家族ぐるみで転居する事例も多くなるので、一軒家を探す人が増えてきます。

 

しかしながら、タイミングを考えることも必要で、その時期が到来するまで売るのを控えるのではなく、納得できる時に売り出してしまった方が良いと思われます。

爪水虫 薬 おすすめ